性病検査の重要性と活用方法|大切な検査をしよう

笑顔の男女

検査の種類

医者

エイズ検査で主流になっているのは、抗体検査です。抗体検査以外にも、抗原抗体同時検査や抗原検査、NAT検査などさまざまな種類があります。ウインドウ期を避けることで、確実にエイズ検査ができます。

詳しくはこちら

初期症状

ドクター

HIVに感染しているかどうかすぐに知るためにも、初期症状について知っておいたほうが良いです。発熱や発疹などの初期症状があるので、症状が起きたら注意したほうが良いです。12週間後なら、精度が高いHIV検査ができます。

詳しくはこちら

患者数が多い性病

カウンセリング

性病は、性行為をしているなら誰もが発生している可能性があります。特に不特定多数の人と性行為をしている人は、感染しているリスクが高いので注意しておいたほうが良いです。性病の中でも、特に患者数が多いのがクラミジアです。クラミジアに感染してしまうと、女性は子宮頚管と卵管、男性は尿道に炎症を起こしてしまいます。自覚症状はほとんどないのですが、適切な治療をしないと不妊の原因になってしまうので注意したほうが良いです。クラミジアの次に患者数が多いのが、淋病です。クラミジアや淋病などは、治療薬を服用すれば、1週間程度で治すことができます。しかし、症状が治まったからといって自分の判断で薬の服用を止めてしまうと、再発する可能性があるので気をつけましょう。

性病に感染したら放置することが1番良くないので、まずは性病検査をしたほうが良いです。男性は泌尿器科、女性は産婦人科を受診して検査をするのが一般的です。産婦人科というと、妊娠したときに利用するイメージがありますが、実際は月経や卵巣に関することを扱っているので、恥ずかしがらずに受診したほうが良いです。また、病院で性病検査をした場合、コンドーム着用の有無や性行為の頻度、などさまざまなことが聞かれます。答えづらいこともありますが、包み隠さず話すことによって、病気を正しく診断することができます。病院に行く時間が無いという方は、検査キットをつかって性病検査をするという方法もあります。

おすすめ関連リンク集

  • GME医学検査研究所

    誰にも知られずに性病検査をしたいのであれば、こちらをチェックしてみましょう。自宅で検査ができる便利なキットです。

検査にかかる費用

聴診器

性病検査を受ける場所によって、かかる費用は異なるので知っておいたほうが良いです。東京の保健所を利用すれば、無料で検査ができるのでお得です。病院の種類によって、特色が変わるので注意しましょう。

詳しくはこちら